menu
For those who want
to treat their double teeth
矯正歯科ブログ

目立たないインビザライン矯正で美しい口元を実現

インビザラインのダイヤモンドプロバイダーとは︖

皆さん、こんにちは。
博多・天神・六本松・香椎照葉・マークイズにあるスマイルライン矯正歯科です。

インビザラインは従来の矯正装置とは異なり、コンピューターシステムを活用します。お口の中をスキャンして、歯の動きを予測したマウスピースを作製し、歯を動かしていきます。

極端にいえば、歯科医師であればどなたであってもマウスピース矯正を実施できる画期的なシステムであり、近年では多くの歯科医院で導入されています。そのため「どこの歯科医院がいいのか分からない」と、悩む方も少なくありません。

そこで今回は、インビザラインの年間症例数に応じて与えられる称号、ダイヤモンドプロバイダーについて詳しくご紹介していければと思います。

 

インビザラインの称号とは?

インビザラインは、お口の中をスキャンするだけで、歯を動かせるように設計されたマウスピースを作製できます。

便利なシステムではありますが、システムに従うだけでは、理想とする治療計画とはならないケースもあり、やはり経験や技術、知識も必要になり、歯科医師のさじ加減が重要になります。

そこで医院選びの判断基準に役立てられるのが、1年間の「インビザライン」症例数に応じて与えられる称号です。

 

インビザラインの称号の種類

各医院における、1年間のインビザライン症例数に応じて、以下のようにインビザライン社より称号が付与されます。

・151~症例:ダイヤモンドプロバイダー
・101~150症例:プラチナエリートプロバイダー
・51~100症例:プラチナプロバイダー
・21~50症例:ゴールドプロバイダー
・11~20症例:シルバープロバイダー
・1~10症例:ブロンズプロバイダー

この称号は全世界共通なものであり、日本単独で行っているものではありません。また、称号は1年間でリセットされるので、例えば2年前に100症例以上の実績があってプラチナプロバイダーの称号を得ていても、過去1年の症例数が50に満たない場合は、シルバープロバイダーとなるのです。

また、インビザラインの称号はダイヤモンドプロバイダーを目指すのも非常に難しいとされていますので、1つの目安になります。

 

ダイヤモンドプロバイダーが目安

インビザラインの症例数が多いほど、経験や知識があるといえるので、なるべく症例数の多い歯科医師のもと、治療を受けることをおすすめします。

これらのことからも、インビザラインをご検討の際には、151~症例のダイヤモンドプロバイダーを探して、治療をお願いする医院の目星をつけていくといいでしょう。

 

インビザラインで理想の口元へ

インビザラインは歯の動きをコンピューターシステムで予測した上で、歯科医師が修正を加えることで、より最適な治療工程を経て、理想とする歯並びへと治療できると考えられています。

また、インビザラインは歯科医師の技術や知識だけではなく、患者さん自身のインビザラインへの取り組みが重要となります。ですので、インビザラインのプロバイダーランクにだけにとらわれることなく、マウスピースの着脱自己管理をしっかりと行う必要があります。

当院では、インビザラインでの矯正治療に注力しております。矯正治療は奥が深く、インビザラインにおける専門知識の詳細、ご不安なこと、疑問に思うことがあれば、インビザラインのことに長ける当院にお気軽にご相談ください。随時、カウンセリングご予約も承っております。

矯正治療を始める前に一番大切なチェックポイントはこちらです。

無料
カウンセリング相談
小児専門サイト