menu
For those who want
to treat their double teeth
矯正歯科ブログ

目立たないインビザライン矯正で美しい口元を実現

インビザラインとキレイラインの違いは︖

皆さん、こんにちは。
博多・天神・六本松・香椎照葉・マークイズにあるスマイルライン矯正歯科です。

SNS などで話題のマウスピース矯正は、さまざまなメーカーから誕生しておりますが、どのような違いがあるのか、分からないといったご質問をいただくことがあります。
特に代表的なメーカーであるインビザラインや、格安なマウスピースとして知られるキレイラインの違いに戸惑う方も少なくありません。
そこで今回は、インビザラインとキレイラインの違いについて詳しくご紹介していきます。

 

マウスピース矯正の特徴

マウスピース矯正はその名のとおり、マウスピースを活用した矯正方法です。歯に圧力がかかるように設計された複数枚のマウスピースを付け替えて、歯を動かしていきます。
プラスチックでできている、透明なマウスピースであるため、見た目に支障がなく、第三者から矯正治療を行っていると、気づかれにくいのが、マウスピース矯正の代表的な特徴となります。
この特徴は、どのマウスピースメーカーから発売されたものであっても、共通した特徴といえるでしょう。

 

インビザラインの特徴

インビザラインは、アメリカのアライン・テクノロジー社が開発した、マウスピース型矯正装置です。これまで世界 1,400 万人(2022 年 9 月時点)の方々が、インビザラインでの矯正治療を受けています。
また、インビザラインは膨大な利用者の歯の動きをデータ化・分析し、歯の動きを予測しながら、マウスピースを製作します。
お口の中の型取りも、基本的には 1 度で済みます。スキャナーで行うので、嘔吐反射をしやすい方であっても負担を抑えて行えます。
また、インビザラインは全顎矯正、部分矯正に対応し、患者さんの歯並び・咬み合わせの状況に応じて、それぞれのタイプを選択できます。

 

キレイラインの特徴

キレイラインもまた、日本におけるマウスピースメーカーとして、注目されています。前歯に限定されたマウスピース型矯正装置です。上下・左右の中切歯から犬歯までの計 12 本が対象となります。
そのため、全体的な矯正が必要とされた場合は、キレイラインだけの治療では改善が難しく、ワイヤー矯正などと併用を提案されるケースも少なくありません。
型取りは専用スキャナーで行いますが、段階に応じて数回に分けてスキャンが行われます。

 

インビザラインとキレイラインの違い

インビザラインとキレイラインの違いは、全顎矯正が可能か、部分矯正のみであるかが大きいでしょう。
インビザラインはマウスピースメーカーの中でも、多くの症例に対応しておりますが、キレイラインは部分矯正であるので、奥歯を含む全体的な矯正が必要である場合は、インビザラインによる矯正が望ましいでしょう。
また、マウスピースの形状にも違いがあり、キレイラインは歯肉を覆うようにマウスピースを装着しますが、インビザラインは歯のみだけを覆う形状をしています。
キレイラインはマウスピースの辺縁が歯肉に当たるため、痛みが生じるケースが多いとのお声も聞こえてきます。一方、インビザラインのように歯のみを覆うタイプのマウスピースであれば、歯肉の痛みを感じることは少ないといえるでしょう。

 

当院がおすすめするインビザライン

当院は、インビザラインによる矯正治療に注力しています。インビザラインは、前歯だけではなく、奥歯までを対象とした治療が可能である「インビザラインフル」と、部分矯正を対象とした「インビザライン GO」の 2 つのタイプがあります。
何より、膨大な歯の動きを分析して、そのエビデンスに基づいてマウスピースを製作できるのは、他のマウスピースメーカーよりも勝っている、インビザラインの特徴といえるでしょう。
インビザラインによる矯正治療をお考えの際には、お気軽にご相談ください。

無料
カウンセリング相談
小児専門サイト